新澤秀則(Hidenori Niizawa

兵庫県立大学 国際商経学部 経済学部(兼務) 教授
略歴
専門 環境経済学 (特に環境保全のメカニズム研究
所属学会 環境経済・政策学会,他


研究テーマ

排出権取引
パリ協定・京都議定書
土地利用規制


ニュース

4/1 経済学部と経営学部が,国際商経学部と社会情報科学部に再編されました。国際商経学部に異動しました。
2019年

10/8 ノードハウスが,長期のマクロ経済分析に気候変化を導入したという功績で,ノーベル経済学賞を受賞しました。ノードハウスは,政策提案も行っています。
排出量目標対価格目標の視点からのパリ協定の評価」『環境経済・政策研究』Vol.9 No.2(2016)
「京都議定書対国際均一炭素税」環境経済・政策学会編『地球温暖化防止の国際的枠組み−ポスト2012はいかにあるべきか』東洋経済新報社(2010)
で,ノードハウスの政策提言についてふれています。

6/1 『環境経済・政策学事典』が出版されました。
2018年


担当科目

学部
 「環境経済学」 前期
 「地球環境経済論」 後期
 Environmental Economics 

大学院経済学研究科 
 「環境経済学研究」 通年 (経済学専攻)
 「環境政策」 後期 (地域公共政策専攻)

シラバス


兵庫県立大学神戸学園都市キャンパスへのアクセス

アクセスカウンター